ベランダ栽培がオススメ – ホームセンターで買えるコブミカンの苗

今朝はシトシトと降る雨の中、大好きな「コブミカン」の葉を収穫しました。

タイでは「バイマックルー」、KALDIやスーパーでは乾燥させた葉が「カフィアライム」という名前で売られています。

コブミカンの葉はこんなにも香りが強いのに蛾(が)の幼虫がつきやすく、市販品は農薬が使われていることが多いので、私は小さな苗をベランダで育てています。

ベランダ栽培がオススメ – コブミカンの木

コブミカンは、乾燥した葉よりも生の葉の香りが抜群なんです。
なので、たくさん収穫した時は、よく洗って乾かしたら、生のまま冷凍保存しています。

日本にいるとなかなか生のコブミカンの葉に出会えませんが、新宿や錦糸町、西川口などにあるタイの食材店では、冷凍のコブミカンの葉が売られています。
大阪にも、黒門市場の中に「アジアンスーパー」がありますね!

タイカレーと呼ばれる「ゲンキョー」や「トムヤムクン」に入っているのは皆さんもご存知だと思いますが、実は「ガパオライス」にも入っていて、ほんの数枚入れるだけで本格的なタイ料理が楽しめます。

タイ料理屋さんでガパオを食べる時には、ぜひお皿の中を探してみてください。

最近は、ホームセンターでコブミカンの苗を買うことができるので、小さい苗を1つベランダで育てるのもおすすめです!

フレッシュな葉は、とても香りが良くお茶やスープにちぎって入れるだけで、タイ料理の雰囲気を味わえます。
ホームセンターに行ったら、ぜひ探して見てください。

スパイスコーディネーターの食薬ノート

レモングラスと共に抗癌作用が注目されてるコブミカン。
タイ料理で使われるスパイスには、カロチンの数百倍もの抗酸化作用があると言われているんです。

抗酸化作用があるので、ガンの抑制効果も注目されているんですね。

レモングラスとコブミカンを入れればなんでもタイ料理っぽくなるので、この夏はぜひ、コブミカンとレモングラスをお家のスパイスコレクションに入れてみてくださいね。

このスパイスが気に入ったらページに「いいね」!