小雪(しょうせつ)

11月22日は「小雪(しょうせつ)」

寒い地方では、わずかに雪も降りはじめる頃。
いよいよ「冷え取り対策」本番の季節です☝️

今年は暖かいのか寒さが厳しいのか? ちょっとよくわからない感じがしています。

ずーと家にこもりすぎていせいで、私の自律神経が乱れ、その辺りのセンサーおかしくなっているような気もしています。。。

秋の養生の1つに、「いきなり厚着をしない」と言う教えがあります。
まずは脱ぎ着できるお洋服で上手に調整しながら、少しづつ冬仕様に変えて行くのが良いようです。

ただし、肝腎要(かんじんかなめ)の「腎」が最も「冷え」の影響を受ける臓器なので、特に胴回り、足首や手首、首回りは冷やさないよう注意したいものです。

たちの身体の中で、生命力や免疫力を蓄える働きを持っているのが「腎」。

冷えで「腎」を痛めつけてしまうと、生命力自体が低下してがんばりが効かなくなってしまいます。 

また、腎は「憂いの臓器」とも呼ばれ、「腎」の不調は心にも大きな影響を与えます。 

訳もなく悲しかったり、ウジウジした気持ちが沸いてきたり、側でひそひそ話やクスクス笑いをしている人を見て

「えっ?わたし笑われてる???。。。なんかした??」 

そんなウジウジさんが現れてきたら要注意。
「腎」が冷えて悲鳴をあげています。 

逆を言うと、悲しみすぎたり、ウジウジしていると「腎」も一緒に傷ついていきますので、冬は得に身体を温め、心も温めて、ゆっくりとお家で冬ごもりをするのが養生かなと思います。 

山椒がおススメ – 小雪の頃

そんな冷えに効くスパイスは、薬膳鍋にも欠かせない「山椒」。 

お腹の冷えや吐気、下痢、むくみにも良いとされている「山椒」は、七味にも調合されています。

これからの寒い冬は、辛味のスパイスがオススメです。
胃壁に働きかけて、内臓を温めてくれますよ!!

 二十四節気のスパイス:小雪の頃におススメなのは、内臓を温めてくれる「山椒」です!

このスパイスが気に入ったらページに「いいね」!