処暑(しょしょ)

8月23日は「処暑(しょしょ)」

暑さも少しやわらぎ、朝晩の風にほんのりと秋の気配を感じる季節の到来です。

今年は豪雨や自然災害が多く、急に

「秋になってしまったのでは?」

と心配するくらいの涼しさになったかと思えば、暑さが戻ったりと、日々の変化に身体がついていくのがやっとな毎日です。

寒暖の差が激しいと自律神経も乱れやすく、直接の症状としては胃腸の不調を感じやすくなります。

滋養強壮効果のある食べ物で十分に養生をしたくても、食欲がなく、ついつい素麺や冷やし中華などに偏りがち。

すると、あっという間に炭水化物過多になり、タンパク不足になる、これが、いわゆる「夏バテ」の始まりです。。。

そんな夏バテを解消するための1つのアイテムとしておすすめなのが、「スパイス」の「胡麻(セサミシード)」です。

ゴマがオススメ – 処暑の頃

「ゴマ」は「腎臓に働きかけて、身体に潤いと栄養を与えてくれる効果」があり、ちょうど今の夏バテの季節から秋に向けて、皆さんになるべくたくさん食べてほしいスパイスなのです!

漢方養生学において、1つの養生の秘訣は、季節を半月先取りすること!
つまり、生活をひと足早く夏から秋に切り替えていくことが大切です。

なかなかゴマを大量に食べるのは難しいと思いますが、「ごまだれ」などにして、たくさんの量を楽しみながら食べていただくのがオススメです。

良くすり潰したゴマに、味噌や醤油、黒糖、少量の酢、牛乳などを加え、すりおろした生姜汁やブラックペパーを加えると、市販のごまだれなんかより美味しいごまだれが出来上がります!

パプリカパウダーを加えればゴマだれの色味もアップして、より美味しそうに見えますよ。

パプリカパウダーはスプーン1杯でピーマン72個分のカロテン

パプリカパウダーを加えると、同時にカロテンも摂取できるので、美味しさと健康が一石二鳥になるので超オススメです。

なんと、パプリカパウダーはスプン1杯で、ピーマン72個分のカロテンが摂取できるんですよ!

ビタミンEが豊富な豚肉や、茹で野菜にかければ、食欲がないこの時期にも、案外美味しく食べられます。
滋養強壮効果のあるゴマで、ぜひ残暑のこの時期をのりきりましょう!!

このスパイスが気に入ったらページに「いいね」!